たらふくニュース

田植もひと段落

こんにちは。

久々の投稿です。いつもはインスタで日々を報告しておりますが、

インスタはログインしてないと途中で見られなくなってしまうんですね。。。(知らずにすみませんでした)

 

春作業が落ち着いたら投稿しよう。。と思っているうちにすっかり暑さを感じるようになりました。

さて、有機農法の田んぼも田植がおわりました。

今年は、田植機に二人乗りで肥料散布しております。

米ぬかと大豆をあらかじめ混ぜておいて、田植時に手で撒いております。米ぬかが分解される際に出てくる有機酸と、大豆のサポニンで雑草を少しでも抑えようという試みです。

田植機の二人乗りはなかなか楽しい!

使う苗は立派な成苗です。通常の育苗は、化学肥料を含んだ培土で育てますが、この苗は有機の液肥を後から箱に与える方法で、少しずつ栄養を加えてゆっくり大きく育てました。ここまで育てるのに、およそ60日。しっかり太い苗になって大満足です。田んぼでも元気に育つでしょう。

そして、田植え機前方に、怪しい機材をくっつけて、今年もまた新しい実験をしています。

さてさて、これら有機無農薬で育てる田んぼでは、稲が雑草に打ち勝つことができるのでしょうか?

今年も美味しいお米ができるかどうか楽しみです。

ではまた。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です