つじ農園 | Tarafuku Rice Farm

つじ農園のスタッフ

園長

園長:辻武史 (つじたけし)

丸い顔の園長。どんなに痩せていても太って見える。

精密機械メーカーで航空宇宙製品のエンジニアをやりながらお米を作っていたが、 長年続けて来た米作りへの想いが弾け、つじ農園を立ち上げることを決意。

お米への探求心は誰にも負けない、平成の米おたく。

美味しいものを、みんなでおなか一杯食べたいとの思いで、日々の農作業に励んでいます。

特技:稲作とご飯に合うおかずの研究

まさたかさん

辻雅隆 (つじまさたか)

楽しい辻家の次男坊。兄である園長とパーツは同じなのに、なぜかスリムでイケメン。持ち前の身体能力の高さで、つじ農園を元気に走り回ります。
得技:農園内の高速移動

よしまささん

辻賀正 (つじよしまさ)

長年田畑を守ってきた辻家の元大黒柱。のんびりとした性格ですっかり息子たちに率いられる一兵卒。普段はおとなしいが、台風が来ると人が変わったように、お米を守ります。
得技:丁寧過ぎる田植え

むらまつさん

まっさん

いつも怒った顔をしているが、本当に怒っている、つじ農園の番頭的役割。頑固な職人気質で、のんびりしたつじ農園をピリッと引き締めています。
特技:小うるさい指摘

ゆうこさん

ゆうこさん

造園とアロマテラピーの資格を保有する、農学士で一児の母。長老たちが経験で話すところに理論を導入できる貴重な存在。 つじ農園へ山から駆け付けます。
特技:場にすぐ馴染む。

よしのりさん

よしのりさん

つじ農園の美味しい秘密のひとつ。元気にTポーズをする田井村の長老。60年の経験を持つ、つじ農園のアドバイザー。80歳とは思えない元気さで、つじ農園に昔からの素晴らしい技術を伝授しています。
得技:鋭い嗅覚によるベテラン農法

みのるさん

みのるさん

人望の厚い困ったときの知恵袋。伝統農法から近代農法まで、様々な問題を的確に解決してくれます。80歳を越える幅広いネットワークは歩くSNS。若者から長老まで村をひとつにまとめてくれます。
得技:理論的なベテラン農法

まさみさん

まさみさん

企業庁に勤めていた、組織運営のスペシャリスト。みんなで動く時には笑顔が一番大切だと教えてくれます。つじ農園の理念に深く共感していただいており、現在もご夫婦で村の共同体運営に尽力されています。
特技:おしどりパワー

やすひろさん

やすひろさん

農地と設備について全面的にバックアップしていただいている、機械大好き設備マニア。的確なアドバイスのおかげで、つじ農園にはお米を美味しくする、最高の農機具と設備が備わっています。 特技:農機具と機械のメンテナンス
姉妹とおにぎり

ねぇちゃん&ぽんちゃん

つじ農園のアイドル&食味アドバイザー。子供の意見は正直。本当に美味しいお米は子供がたくさん食べるんです。するどい感想でつじ農園の品質改良に一役買っています。
特技:笑いながら食べる

みまわり園長

想いがあふれ過ぎて長い 園長からのメッセージ

「あ~たらふく食べた!」「食った食った、たらふく食った」と感じるときってどんなときでしょうか?
家族でパーティ! 親戚の家に招かれて! 有名なお店で! 祝い事や記念日に!
そこにはあたたかい幸せなイメージ・思い出がありませんか。

何かを祝ったり、客人を迎えたり、おもてなしをする方法はいろいろありますが、
まず一番に思い浮かぶのは、「何か召し上がっていただく」だと思います。
食べていただく料理は普段どおりでも心がこもったちょっとだけスペシャルなもの。
それはどの地域に行っても感じる人間の変わらない想い。

マレーシアのご家庭でいただいた揚げたてのバナナゴレン。
シンガポールで苦しくなるまで食べた飲茶やチキンカレー。
ヨーロッパで食べたシュニッツェルや鴨のコンフィそれにムール貝。
中国の奥地で作って食べた餃子。
そして、一番おいしい日本のごはん。

私はこれまで日本でも世界各地でもいろんな仲間達とさまざまなものを食べてきました。
行く先々で歓迎され、もてなしていただいて、たらふく食べてきました。

今度はおいしいお米を作って皆さんにたらふく食べていただこう。
それで温かい気持ちや幸せな気分が広がっていけば、こんなにうれしいことはありません。

全国に、世界に「たらふく」の言葉がもつ響きと気持ちを伝えたい。
たらふく食ってまんぷくじゃ~! あー幸せ。

得意の丸顔で展示会や営業にも積極的に登場します。
皆さんにお会いできるのを楽しみにしていますので、応援よろしくお願いします!!

園長:辻 武史